ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。 ヅラ生活のすゝめ(すすめ)では円形脱毛症で幼少時に毛髪を失ったウェブマスター島袋りりあが、海外製人毛ウィッグについて思ったことを書き連ねるサイトです。販売ページもあります。沖縄民謡歌手、講師としての活動の記録も兼ねています。ただの雑記もあります。

多良間島のお菓子

多良間島のお菓子、三種を紹介します!

はいたい、ちゅううがなびら!
島袋です。

 

先週の三線愛好会で、M岡さんより珍しい差し入れをいただきましたので、紹介します。
多良間島のお菓子です!

 

たらまんぼー、花ぱんびん、うーやきがぁす。

 

たらまんぼー

たまらんおいしさ、たらまんぼー。

ちょっと食べちゃったあとのパッケージ写真ですみません。
あと、写真が暗いですね(汗)。
事務所ではなく、天気のよくない日に自宅で撮ったのでこうなってしまいました。
実物は、もっと美味しそうなんです。

 

中は、こんな感じです。

これは、一言でいうと、「硬めのサーターアンダギー」!
サーターアンダギー好きな皆さんなら、きっとお気に召すはず。

 

かじったところ。ピンボケですみません(汗)。

黒ごま入りの、素朴な揚げ菓子です。
サーターアンダギーよりもボリュームが少なくてサクサクしてるため、いくらでも食べられます。止まらない…!

 

原材料は、こちら。

家で作るサーターアンダギーよりも、材料がリッチです。
サラダ油じゃなく、マーガリンですし、牛乳も使用。美味しいわけですよ。
きっと、誰にでも喜ばれるお菓子です。

 

うーやきがぁす

声に出して読みたい名称。うーやきがぁす

パッケージのお花については、後ほど説明します。

原材料が、「たらまんぼー」とほぼ同じ…!
市販の食品の原材料の表示は、「全て重量順に表示するのが原則(厚生労働省のサイトより)」です。
ということは、原材料が同じでも、黒糖があとの方に書いてあるのでたらまんぼーよりも「甘さ控えめ」なことが予想されます。

 

こういう断面のキャラメル、昔ありましたよね。そうそう、不二家ノースキャロライナ画像検索だ!
たらまんぼーよりも、カリッとしています。

確かに、甘さ控えめ!
でも味が薄いわけではなく、きちんと美味しいお菓子です。
洗練されたたらまんぼー、という感じでしょうか。見た目もきれいですよね。
カリッとかじるとクッキーのような、洋菓子系の豊かな香りとともに、素朴な甘さが口中に広がります。
これも、いい!!おもてなしに、ぜひ!

 

気になる「うーやきがぁす」という名称ですが、解説してあるブログを見つけました。


うーやきは太巻き、があすは菓子、つまり太巻き菓子という意味だそうだ。
見た感じはうずまき型のクッキーだ。

旅とグルメのふろくより

上記ブログに掲載されている「うーやきがあす」は生姜風味のようです。
それも、きっと、美味しいはず。

 

花ぱんびん

最後は、花ぱんびん。
ぱなぱんびん」と読みます。「ぱ」が多くて可愛いですよね。
「ぱ」が多いのは、宮古島と多良間島の言葉の特徴でもあります。

「ぱんびん」は「揚げ物、または天ぷら」です。

こちらの原材料も見てみましょう。

 

原材料に黒糖がありません!
中は、このような感じ。「花」ぱんびんなので、花の形です。かわいい!

これはですね、多良間バージョンのプレッツェルです。
焼かずに、揚げたプレッツェル。
うまい。

プレッツェルなら、こうですよね。

オリオンビール!!

もう、何もいうことはありません。
最高です(笑)。

 

多良間島の、「花」といえば

以上、差し入れでいただいたお菓子三種を紹介しました。
なかなか手に入らない、珍しいお菓子をありがとうございます、M岡さん!

 

ところで、この三種類のパッケージすべてに、とある花がフィーチャーされていました。

たんぽぽ…?

たんぽぽではなく、「紅花」です。
多良間島は、琉球王国の時代から、紅花の産地で有名でした。

紅花は、船に積み込まれて首里王府へと運ばれ、着物の染料として使われたとのこと。
あの、四つ竹などで使われる鮮やかな紅型の衣装も、当時は多良間島の紅花で染められたのかもしれません。

四つ竹衣装
四つ竹の衣装、参考画像です。

多良間島では、紅花を「たらま花」と呼んでいるそうです。

 

お菓子や紅花だけでなく、実は伝統芸能で名を馳せる島でもあります。
人口わずか1000人少々の小さな島ですが、そのほぼ全員が、踊り、三線、唄、芝居、など何らかの役割を持って参加する、島を挙げた大きなお祭り「八月踊り」は特に有名です。

 

お菓子をいただきながら、遠い多良間島に思いを寄せて、「多良間しょんかねー」「多良間の子守唄」などを唄い、弾くのも乙なものです。

今日、夕方からの愛好会なら、まだ多良間のお菓子、ありますよ!!
来週はもう無くなっちゃうと思います。
多良間のお菓子とともに、皆様のお越しをお待ちしております(笑)!

 

たらびんも、待ってまーす。

こちらの記事もどうぞ

ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。

屋号 ウィッグリリア/宇部沖縄三線愛好会
住所 〒755-0022
山口県宇部市神原町2-5-10 レントハウス神原22号室
営業時間 10:00~17:00
定休日:火曜、土曜、日曜、祝日
(沖縄三線愛好会は火曜夕方5時から)
代表者名 シマブクロ サチコ(シマブクロリリア)
島袋 幸子 (島袋りりあ)
E-mail info@zurazura.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です