ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。 ヅラ生活のすゝめ(すすめ)では円形脱毛症で幼少時に毛髪を失ったウェブマスター島袋りりあが、海外製人毛ウィッグについて思ったことを書き連ねるサイトです。販売ページもあります。沖縄民謡歌手、講師としての活動の記録も兼ねています。ただの雑記もあります。

【練習動画あり】音を切らさず、弾くためのコツ

この記事は、移転する前のブログから転載したものです。

 

カッコいい弾き方、カッコ悪い弾き方

独学で三線を学んでいる方が、よく見逃していること。

はいたい!あちさいびーんや〜(暑いですね〜)。島袋りりあです。
今日は、三線をくときのちょっとしたコツについてお話しします。

 

音を途切れさせない、ということ

三線で一つの音を出す動作は、三本のうちの一本の弦を左手の指で押さえて右手で、それだけです。メロディーを奏でる際には、この動作を繰り返す、ということになります。

 

この「動作を繰り返す」ときに、「前にいた音が消えないうちに、次の音を出す」ことで、音が途切れることなく、連続して聞こえます。

 

まずは、動画をご覧ください。

 

 

動画を解説していきます。

連続した、途切れのないメロディーを弾くためには、「押さえた指を、ギリギリまで離さない」ことが重要です。

 

①まずは、かっこ悪い弾き方。

 

上記の動画から切り出したGIFアニメです。「七合七合七七」の部分で、一々「七」の小指を離しています。

 

指を離す度に弦の振動が途切れてしまいますので、音もブツブツ途切れてしまいます
また、指を離すことで発生する雑音も入ってしまいますし、せっかく続けて弾くことができる「七」を何度も押さえ直すことで音程の狂いも発生しやすくなります

 

②次に、かっこいい弾き方

 

同じように動画から切り出したGIFです。「七」を小指で押さえたまま弾いています。

 

指を離さないので、音が途切れません。また、一度正確な勘所かんどころを押さえたらそのまま離さないので、音程が狂うこともありません。

 

前回アップした「安里屋ゆんた」の工工四に、押さえっぱなしでいい部分を書き加えてアップします。

 

クリックで、PDFが開きます。

紫色で描き込んだ部分は、最初の丸がついた記号を押さえたら、そのまま楕円の先まで押さえっぱなしにできます。

独学で練習している方が陥りやすい箇所でもあります。

最近は、先生に付かなくてもYouTubeなどで三線を手軽に学ぶことができるようになってきました。

しかし、独学では、このような細かい部分を見落としてしまいがちです。また、一度指を離す癖がついたら正しい指使いに戻すのにちょっと苦労することになってしまいます。

ではまた、来週の愛好会でお会いしましょう!次回は8月25日です!

こちらの記事もどうぞ

ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。

屋号 ウィッグリリア/宇部沖縄三線愛好会
住所 〒755-0022
山口県宇部市神原町2-5-10 レントハウス神原22号室
営業時間 10:00~17:00
定休日:火曜、土曜、日曜、祝日
(沖縄三線愛好会は火曜夕方5時から)
代表者名 シマブクロ サチコ(シマブクロリリア)
島袋 幸子 (島袋りりあ)
E-mail info@zurazura.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です