ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。 ヅラ生活のすゝめ(すすめ)では円形脱毛症で幼少時に毛髪を失ったウェブマスター島袋りりあが、海外製人毛ウィッグについて思ったことを書き連ねるサイトです。販売ページもあります。沖縄民謡歌手、講師としての活動の記録も兼ねています。ただの雑記もあります。

「海の声」の、工工四(くんくんしー)について、続編。

BEGINバージョンの「海の声」の工工四を書き上げるまでと、その工工四の解説。

半年前からリクエストをいただいていました。

こんにちは、宇部沖縄三線愛好会の島袋りりあです。
山口県西部に位置する宇部市で、毎週火曜日に三線を教えております。

 

今日は、「海の声」の工工四のご紹介です。

 

今回は、下記の記事の続編です。

 

「海の声」を弾いてみたいので工工四を書いてもらえませんか?とずいぶん前に生徒さんからリクエストをいただいていました。
でも、なかなか書き出せず…。
えいやっと重い腰を上げたのは3ヶ月くらいあとでした。
それから一気呵成に書き上げた…わけでもなく、休み休み、思い出した時に書いていたらあっという間にさらに2ヶ月が経過。

半年近く、お待たせしてしまいました。

 

できあがったものは、こちらです。

海の声工工四
クリックすると、別タブでPDFが開きます。

PDFのダウンロードはこちら

※この工工四、いきなり弾き始める前に少々解説が必要です。解説を先にお読みになりたい方は、ずずっと下にスクロールしてください。

 

なぜ、そんなに待っていただくことになったのか、ちょっと言い訳をさせてください。
工工四として読みやすく、わかりやすくするために、随所に工夫を凝らす必要があったのです。

 

「海の声」を工工四にするために

桐谷健太さんバージョンではなくBEGINバージョンを採用した理由。

ビーチ
こういう、夢の中みたいなビーチがCMの舞台でした。浦島太郎目線で見る海。乙ちゃーん。

BEGINのコアなファンでもない限り、「海の声」と聞いて最初に脳裏に浮かぶのは、海岸で切ない思いを叫ぶ、浦島太郎とその歌声ではないでしょうか。
auのCMのワンシーン。歌っているのは、俳優の桐谷健太さんです。

それもそのはず、このコマーシャルのヒットで、桐谷さんはこの年(2016年)、日本レコード大賞の優秀作品賞を受賞されたのみならず、紅白歌合戦への初出場を果たしておられます。ヒットどころか、ホームランです。
そのおかげで、日本全国の老若男女がこの曲を「桐谷さんの曲として」知ることとなりました

【参照サイト】 wikipedia:桐谷健太

 

この曲の作詞は篠原誠さん。元電通のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターです。auの三太郎CMのディレクションをするのみならず、CM曲の作詞も手がけられた、ということですね。

そして、作曲は我らがBEGIN。島袋優(まさる)さん
残念ながら、私の親戚ではありません。親戚ならよかったんですが(笑)。

 

日本で一番よく聞かれている、桐谷さんバージョンの「海の声」は、最後の


海の声よ 風の声よ
空の声よ 太陽の声よ
川の声よ 山の声よ
僕の声を 乗せてゆけ

この部分に入る時に、全体の音が半音上がります。つられてこちらの気持ちもグッと、盛り上がりますね。

この、曲の途中で全体の音程が上がる(または下がる)ことを「転調」と言います。

三線は、この、転調が苦手です。

BEGINバージョンには、転調がありません
ですので、宇部沖縄三線愛好会の工工四では、BEGINバージョンを採用しました。

 

YouTube、BEGINの公式チャンネルより。

 

どの音符をひとマスにするか問題

三線の楽譜、工工四は原稿用紙のようなマス目に漢字の記号(勘所)が書かれています。
ひとマスが一拍です。

この、一拍の長さをどれくらいにするかによって、工工四の読みやすさ、長さがだいぶ変わってきます。

 

私が書いた海の声工工四は、「八分音符一個が一拍」と数えています。
例として、ほんの冒頭部分だけ、「四分音符一個が一拍」バージョンを書きました。比較してみましょう。

海の声工工四解説1
クリックで大きめの画像が開きます。

四分音符だと、工工四の長さが半分!

まず、ここで悩みました。
どちらの方が見やすいのか、弾きやすいのか。
休符(○の部分です)が多くて読みにくそうな八分音符バージョン、なんだか寸詰まりで苦しげな四分音符バージョン…。
悩みましたが、歌詞で言うと「風の声に」の伸ばす部分(「耳すませ」の前)、「五工○」の部分のリズムは四分音符バージョンでは取りにくいだろうな、と考え、八分音符を選びました。

今、両方の工工四を見返してみて、休符の多さと数えにくさを改めて感じ、当時の自分の判断に自信が持てなくなっていますが、まあ作ってしまったものは仕方ないので、そのままで(すみません)。

 

一行に12マスではキリが悪い。

よくある工工四の例。

通常、工工四はマス目が一行につき12個あります。
一行で12拍分ですね。
しかし、この曲は12マスにすると非常に収まりが悪い。なので楽譜(正規に購入したもの)とにらめっこしつつ、16マスの、白紙のマス目をパソコンで作り直すところから始めました。

 

繰り返しが多くて、しかも不規則!

さらに、民謡ではあまり感じない苦労がありました。

 

民謡は基本的に

唄持ち(イントロ)

1番&サビ(2番以降も共通のことが多い)

唄持ち

2番(メロディー同じ、歌詞だけ違う)&サビ

唄持ち

3番&サビ (…終わりまで延々続く)

と、上記のような単純構造になっていることが多いのですが、「海の声」を同じように書くと、

イントロ

サビ

Aメロ

Bメロ

サビ

間奏

Bメロ

大サビ

落ちサビ

アウトロ(後奏)

ややこしい…!
そこを、どう工工四で表現するか。以下、ようやく解説に入ります。

 

「海の声」工工四の解説です。

文字の色

スクロールしてきた皆さま、お疲れ様でした。
ここから海の声工工四の解説です。

海の声工工四アップ1
冒頭部分のアップ画像です。

グレーで書かれた文字は、「楽譜にはそう書いてあるけど、弾かなくても大丈夫かも」な記号です。

 

1枚目、後半部分のアップ画像です。

薄い緑の文字は、「楽譜に書いてないけど、弾いた方が楽かもよ?」という記号です。

 

弾く順番

上記の「海の声の構成」に、工工四に書いてある矢印や記号を書き足します。

イントロ(繰り返し矢印の通り、二回繰り返す)

サビ(歌詞は1番。青い部分。

Aメロ(歌詞は1番。青い部分。

Bメロ(歌詞は1番。青い部分。
を辿って、1枚目のサビへ戻る。)
サビ(歌詞は1番と同じだが、薄紫部分。
紫の矢印を辿る。
間奏(紫色の矢印↓の始点から唄わずに弾き、オレンジ色の矢印↓へ!)

Bメロ(オレンジ色の矢印↓を辿った先の、黄色部分の歌詞。オレンジ色で書いた「上中四」を入れるとかっこいい。)
を辿って、冒頭近くのサビへ。)
大サビ(歌詞は黄色部分。)
赤い矢印↓を辿るが、4拍休符を入れて)
落ちサビ(歌詞は1番。青い部分。

アウトロ(後奏)(一番最後の部分)

ぎゃ!ややこしい!!
しかし、これ以上私の能力ではどうしようもなかったので、これで完成とします。

 

民謡とリズムが違うので、ちょっと苦労する曲です。

ポピュラーな曲なので取っつきやすいかと思いきや、三線の経験が豊富で民謡がバリバリ弾ける人でも、民謡とは使うリズムが違うせいで、ちょっと苦労する感じの曲になっています。

でも、これが弾けたら、カッコいいですよね。
練習あるのみ!
わからないことがあったら、宇部沖縄三線教室へ、火曜日にお越しくださいね〜。
見学一回は無料です(宣伝)。

こちらの記事もどうぞ

ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。

屋号 ウィッグリリア/宇部沖縄三線愛好会
住所 〒755-0022
山口県宇部市神原町2-5-10 レントハウス神原22号室
営業時間 10:00~17:00
定休日:火曜、土曜、日曜、祝日
(沖縄三線愛好会は火曜夕方5時から)
代表者名 シマブクロ サチコ(シマブクロリリア)
島袋 幸子 (島袋りりあ)
E-mail info@zurazura.com

コメントは受け付けていません。