ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。 ヅラ生活のすゝめ(すすめ)では円形脱毛症で幼少時に毛髪を失ったウェブマスター島袋りりあが、海外製人毛ウィッグについて思ったことを書き連ねるサイトです。販売ページもあります。沖縄民謡歌手、講師としての活動の記録も兼ねています。ただの雑記もあります。

盆ちょうちん祭りで有名な浄名寺さんで、敬老会

こちらはLilya-s.comから加筆修正のうえ、転載した記事です。

宇部市棚井の浄名寺さんにて

 

ちょっちゅね〜
宇部市棚井、鄙びたよい田舎の風景に囲まれた、落ち着いたお寺です。

 

ちょっちゅね〜で参加

長く寒い冬が終わり、春の足音が聞こえてくる頃。
夏のライブにご夫婦でお越しくださった浄名寺のご住職と寺庭さん(ご住職の奥様)。寺庭さんであるひとみさんより出演のご依頼がありました。
2018年3月21日の、春のお彼岸の法要。同時開催の敬老会とのことで、美味しいお食事付きのお話です(嬉)。

 

下見に伺った浄名寺さんの、どなたに対してもオープンな姿勢に温かい気持ちになりました。

 

輪投げ
輪投げ。手作りです。

 

だって、山門の下にあるのが、これだもの。

 

他にも、中にお茶やお菓子をご用意しておりますので、どなたでもお気軽に休憩ください、という張り紙がそこかしこにありました。嬉しくなってしまいます。

 

敬老会当日は大雨でした。
でも、中は檀家の方々や敬老会にご出席の方々、そして演芸の部に出演する人々(私たち含む)のやる気と熱気で、お天気のことなぞ忘れてしまうような、明るく楽しい会となりました。

 

この敬老会の数ヶ月前に出演した、校区の昼食会で練習した新曲「見上げてごらん夜の星を」「蘇州夜曲」、もちろん「涙そうそう」も準備して臨みました。
最後はカチャーシーをレクチャーしてみんなで大盛り上がり。
他の演者の方々による日本舞踊や安来節も素晴らしいものでした。

 

浄名寺さんによる、Facebookの記事もご覧ください。

 

 

 

そうそう、この浄名寺さん、年に一度の「盆ちょうちん祭り」で非常に有名なのです。
昨年も、そして今年も残念ながら、伺うことが叶わなかったのですが、写真で見てもそれはそれは幻想的な美しさ。
来年こそは、ぜひ…!!

 

お寺で沖縄民謡を聴くのもなかなかオツなものですよ。お問い合わせはお気軽にこちらのフォームよりご連絡ください。

 

2018/7/17更新

こちらの記事もどうぞ

ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。

屋号 ウィッグリリア/宇部沖縄三線愛好会
住所 〒755-0022
山口県宇部市神原町2-5-10 レントハウス神原22号室
営業時間 10:00~17:00
定休日:火曜、土曜、日曜、祝日
(沖縄三線愛好会は火曜夕方5時から)
代表者名 シマブクロ サチコ(シマブクロリリア)
島袋 幸子 (島袋りりあ)
E-mail info@zurazura.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です