ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。 ヅラ生活のすゝめ(すすめ)では円形脱毛症で幼少時に毛髪を失ったウェブマスター島袋りりあが、海外製人毛ウィッグについて思ったことを書き連ねるサイトです。販売ページもあります。沖縄民謡歌手、講師としての活動の記録も兼ねています。ただの雑記もあります。

歌謡曲を三線でコピーするときに

この記事は、移転する前のブログから転載したものです。

三線で弾きたい歌謡曲

 

沖縄とは関係ない、歌謡曲を三線で弾いてみたい!

原曲キーで弾けない、という問題

メンバーさんのリクエストで、弾いてみました。

阿久悠作詞の、「懐かしいマッチの炎」。オリジナルの歌は市川由紀乃さんです。
YouTubeにアップしましたので、よかったらお聴きください。

 

 

前奏で、「八」の音が不安定になったのが心残りです。時間が限られていたため、一発録りにチャレンジしたら、この体たらく…。

 

三線、キーの幅が結構狭いのです。

上記動画のキーは本調子の「G-C-G」です。
個人的に(と言いますか、経験上)三線で一番低い調弦は、この「G-C-G」だと思っています。

 

それ以上に低くすると、一弦(うーぢる)の音が出なくなってしまうんです。ゆるすぎて、「ボヨヨ〜〜ン」と頼りない、変な低音になってしまいます。

 

でも、この曲、原曲はもっと低いんです。
三線でいうと、「E-A-E」。
一弦がボヨヨ〜ンなのは当然としても、二弦(なかぢる)まで覇気のない音になってしまい、三線らしい響きなぞ皆無で、どこか遠くで巨人が屁でもこいているような、またはジャイアンがリサイタルで「ボエ〜〜〜」と叫んでいるような音になってしまいます(こんな表現ですみません)。

 

本来のキーで唄って再現したい気持ちはありますが、そういう訳で止むを得ず「G-C-G」で唄いました

 

では、三線を高く調弦して、一オクターブ下で歌えばいいのでは?

そうなんです。
その手が、あるんです。

 

ただし、残念ながらおそらく一オクターブ上の「E-A-E」目指して三線のカラクイを回したら、かなりの確率で弦がブツッと切れてしまいます

 

三線の弦が耐えうる一番高い調弦は、個人的には「D-G-D」、無理してその半音上までかな、と感じます。

 

声の低い女性はD-G-Dを試してみるのも一興ですよ。

もともと、三線は男性の声のキーに合っている楽器です。女性は「沖縄音楽のキー、高すぎ…」と感じられる方が多いのではないかと思います。

 

どうしても唄いたい曲があるけど「G-C-G」でも無理!という女性のみなさま、カラクイをぐぐっと上げて(切れないように気をつけながら)、「D-G-D」で弾いて一オクターブ下で唄ってみる、というのはいかがでしょう?

 

私自身は声が高めなので、試してみることができないのです、残念ながら。
試された方のご意見、ご感想をお待ちしております!

 

最後に「懐かしいマッチの炎」の工工四を置いておきます。

下の画像をクリックすると、PDFが開きます。プリントしてお使いください。

 

マッチの炎の工工四

 

では、また、来週!!

こちらの記事もどうぞ

ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。

屋号 ウィッグリリア/宇部沖縄三線愛好会
住所 〒755-0022
山口県宇部市神原町2-5-10 レントハウス神原22号室
営業時間 10:00~17:00
定休日:火曜、土曜、日曜、祝日
(沖縄三線愛好会は火曜夕方5時から)
代表者名 シマブクロ サチコ(シマブクロリリア)
島袋 幸子 (島袋りりあ)
E-mail info@zurazura.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です