ヅラ生活のすゝめ(すすめ)|ウィッグであることを忘れてしまうウィッグ。 ヅラ生活のすゝめ(すすめ)では円形脱毛症で幼少時に毛髪を失ったウェブマスター島袋りりあが、海外製人毛ウィッグについて思ったことを書き連ねるサイトです。販売ページもあります。沖縄民謡歌手、講師としての活動の記録も兼ねています。ただの雑記もあります。

結局のところ、どのレースウィッグがいいの?チャートで診断

自毛のあるなし、ヘアスタイルの好み…。あなたにぴったりのレースウィッグを探してみましょう!

チャートで答えを選ぶだけ!

レースウィッグには、大きく分けてベース全体がレースでできている「フルレースウィッグ」後頭部がヘアバンドル(ヘアウェフト、蓑毛)でできている「レースフロントウィッグ」の、2種類があります(実はもっとたくさんの種類があるのですが、この2つが主流です)。

 

レースウィッグのベースの構造については、下記の記事もご参照ください。

キャップ別にみたウィッグ
キャップ別にみたウィッグ
まだ日本で知名度が高いとは言えない「レースウィッグ」。その構造や装着の手間について、これまでのウィッグと比較しながら、大まかに説明します。

 

レースウィッグ自体、まだ日本であまり知られていないことに併せて、ストラップやコームの有り無し、またシルクトップという聞きなれない仕様があるため、自分に合うウィッグがなんなのか、わかりにくいのが現状です。

 

自毛の有無やヘアスタイルのこだわりで、大まかにどのウィッグがお勧めなのかをチャートにしてみました

レースウィッグを選ぶ際に、少しでもお役に立てれば、と思います。

 

質問の答えを「はい」「いいえ」で選んで、進んでみてください。

自毛があるかないか

 

 

答えを選ぶと、次のページが開きます。

 

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。